「bossa nova」タグアーカイブ

ブラジル音楽のベース入門 その6-4「Adriano Giffoniの動画Ritomos Brasileiros:Bossa Nova」

Adrino Giffoniが解説しているブラジル音楽の各リズムについての動画の採譜を引き続きしてみました。
今回はこちらの動画「Ritomos Brasileiros:Bossa NovaということでBossa Nova(ボサノヴァ)のベースラインです。

0:39〜

ボサノヴァのベースラインその1です。
ピッキングをネック上で行い柔らかい音色にしています。

1:02〜

ボサノヴァのベースラインその2です。
シンプルに4分音符のみでのラインとなっています。

1:27〜

ボサノヴァのベースラインその3です。
バチーダというボサノヴァでのギターのコンピングを模したものです。

1:40〜

ボサノヴァのベースラインその4です。
サンバでもよく用いるスルドを模した、符点8分音符と16分音符のパターンです。

2:08〜

こちらはサンバのベースラインとなっています。
ボサノヴァと比べるとリズミックでアクセントなども多様したラインとなっています。
ボサノヴァとサンバの違いを感じてみて下さい。

2:16〜

ボサノヴァのベースラインその5です。

ボサノヴァはサンバのリズムを基本にしていますがサンバよりもシンプルなリズムにします。
アクセントもあまり付けず、大げさな表現はしません。
リズムの訛りもサンバと比較するとあまり訛らせず平坦なリズムで演奏します。
淡々とクールに演奏したほうがベターです。

そして、音使いはサンバよりもテンションなどを選択したり、メロディックなラインもよいかもしれません。
こちらのラインもアルペジオやクロマチックアプローチを使ったラインとなっています。
Adriano Giffoniのこのシリーズの採譜も引き続き続けてきました。
これまたBossa Novaについての解説もちゃんと記事書かないといけませんねー。 
また引き続き記事を更新していきたいと思います。

Jazz&Bossa Nova Nightでした

2019/6/8(土)
“Jazz&Bossa Nova Live”
立川沙紀(Flute)
宇佐美ワタル(Guitar)
城戸英行(Bass)
原口ペー☆(Percussion)
かなり直前に出演が決定した事もあって、普段やることの多い共演者のブッキングが難航しましてなかなかない組み合わせでのライブとなりました。

最近はもっぱらセッションホスト業で一緒になっているばかりですが、r101 sessionなどでソウルやポップミュージックを一緒にやっているギターの宇佐美ワタル。
色々と僕の変態ブラジル音楽趣味にお付き合い頂いている原口ぺー☆さん。

そして、なんといっても今回僕も初対面でしたフルートの立川沙紀さん。
instagramをフォローしていて演奏の動画あげいるのを拝見してまして思い切って声を掛けたところ快諾いただきまして今回の共演となりました。
(こちらのアカウントです)
僕仕切りのライブでフルーティストを呼ぶのはかなり久しぶりだったので楽しみにしておりました。
昔はほぼほぼフルートしか呼んでなかったのですがね〜w
いやいや、沙紀さんフレッシュでした。。。
真摯にジャズ、音楽に触れる姿は、やさぐれた人に囲まれる今日この頃だったのでなんかぐっときちゃいました…
変ないざこざ抜きに純粋に音楽を真面目にやらないといけないよねと思いましたw
きっと近い将来は素晴らしいジャズフルーティストとしてより成長した姿を見せてくれるはずです。

 そして、いつも一緒にやってくれている宇佐美ワタル(Gt)&原口ぺー☆(Per)はもちろん素晴らしいプレイを見せてくれました〜。
みんなキャラが違いすぎて良い感じのライブでした〜