「ラテンジャズ」タグアーカイブ

2022/3/4″Latin Jazz Live”@赤坂G’s Bar

2022/3/4
“Latin Jazz Live”
@赤坂G’s Bar
城戸英行(Ba)
石毛杏子(Sax)
飯島瑠衣(Pf)
櫛田満(Per)
飯島瑠衣ちゃんの出産明け復帰ライブ!
ということで、久しぶりのメンバーたちとご一緒させていただきました。
久しぶりに会ったきょうこりんは金髪&豹柄になっていました。
ミチルちゃんは春らしくピンク髪に〜

まあ、久しぶりとはいえ瑠衣ちゃんとは半年ちょっと振りなのですがwww
なんだか懐かしい気持ちにもなり楽しくライブさせてもらいました。
みんな本当に素晴らしくてよかったですね〜
ということで、早速にこのメンバーでのライブも決まりました。
5/14(土)の夜に同じく赤坂G's barです。
ぜひご予定頂ければと〜
そして、今日のメンバーのうち三人が参加するライブが今月末にもあります。
今度は瑠衣ちゃんフルートなんですけどwww
こちらもぜひー

2022/2/21 “麻辣カルテット1周年おめでとう!ありがとう!ライブ”@赤坂G’s Bar

2022/2/21
“1周年おめでとう❗ありがとう❗ ライブ”
@赤坂G’s Bar
麻辣カルテット:
城戸英行(Bass)
青木知生(Sax)
渚まいこ(Piano)
藤橋万記(Percussion)
昨年から活動を赤坂G's Barでスタートしたこの麻辣カルテットですが、
あっという間に一周年。
みなさまのお陰で続けてこれました。
本当にありがとうございますー

個性溢れるメンバーたちが集まっていますのですが、1年続けてきたかいもあり麻辣カルテットでの顔みたいなのができてきたような気もします。
これがバンドカラーみたいなものなのでしょうかね。

選曲も麻辣カルテットっぽいものって思い、色々試行錯誤しているのですが今回はJeff Beckの名演で有名な"Cause We've Ended As Lovers
"を持っていきましたwww

2ヶ月ちょっとぶりの麻辣カルテットでしたが、楽しく演奏させてもらいました。
ライブ前の腹ごしらえ。
「今日は軽めにしておこう…」と話していたにも関わらず、
しっかり麻辣な四川料理を。
ビャンビャン麺が美味しかったな〜
麻辣マサラチャイティーパックでのマサラチャイの淹れ方ですが、
水70ml
ミルク100ml
砂糖 小さじ2〜3(お好みで)
を用意して

小鍋で作る(※オススメはこっち)

1.小鍋に水とティーパックを入れて弱火で5分ほど煮出します。
2.ティーパックを押して抽出し、濃い茶色になったら牛乳を入れて2〜3分煮る
3.最後にお好みの量の砂糖を加えます。

電子レンジで作る
1.耐熱カップに水とティーパックを入れて、電子レンジ500Wで約3分加熱します。
2.一旦電子レンジから取り出して、紅茶の抽出度を確認して下さい。
濃い茶色になっていたらOK。
色がまだ薄かったらもう30秒電子レンジで加熱して下さい。
3.ミルクを加えて電子レンジで2分加熱します。
4.電子レンジから取り出して、ティーパックを容器内で2,3回左右に振ったり、スプーンで内側に押しつけて紅茶&スパイスの旨味を絞り出しましょう。
5.最後に砂糖を加えます。
思っているよりも甘めにしたほうが美味しく召し上がれると思います。
ということで、まだまだ麻辣カルテットのライブは続きます。
ひとまず、今週末にもう一回あります!
2/27(日)四谷三丁目Live Unten45にて「麻辣カレー500円!」なライブがあります。
そして、
3/16(水)四谷三丁目Con Ton Ton Vivo
5/9(月)赤坂G's Bar
と続いて予定しています。

2020/11/2″Latin Jazz Night”赤坂G’s Bar

2020/11/2
"Latin Jazz Live"@赤坂G's Bar
城戸英行(Bass)
石毛杏子(Sax)
飯島瑠衣(Piano)
小林慎(Drums)
リーダーライブでした。
5月に中止になったライブのメンバーでようやくできました。
久しぶりにご一緒したサックス&フルートの石毛杏子ちゃんやっぱり素晴らしいですね〜
楽しくやらせてもらいました。
みんなよい演奏でした。
またこのメンバーではやりたいなーと思います。
今年はどうしてもライブが少なくなっていますので、どのライブも大事にやっていきたいですね。

録画した動画を見返してみたのですが…
はしゃいでたのかMC長いっすね。
カレーの話が1s Setの1曲分くらいのボリュームになっておりましたwww
そして、G's Barでのライブは来月12/2(水)にもあります。
こちらもぜひご予定いただければ幸いです。

12/2(水)
「Jazz Samba Live」
【場所】赤坂G‘s Bar
【時間】Open 19:00/Start 20:00(2Stage)
【料金】Music Charge 投げ銭 
立川沙紀(Flute) 
山本光恵(Piano) 
原口ぺー☆(Drums&Percussion) 
城戸英行(Bass)
ABEMA

2019/12/6 “Tropicanduo Live”@武蔵中原COffee Spot Life

武蔵中原Coffee Spot Lifeでのもはや定例。
 Tropicanduoでのライブでした。
 お越しいただいた皆様ありがとうございました。 

毎度ながらこちらでのライブは非常に和やかで、 我々もほぼノープランに自由度高く好き勝手に演奏させてもらっておりますwww 
今回は12月ということでクリスマスソングなどもまじえてやってみましたが、思いがけないような曲の展開になったりで楽しかったですわ〜。 

そういえば、今年のTropicanduo二人での演奏はこれで最後でした。
今年は純粋に二人でやったライブは、ここ武蔵中原Coffee Spot Lifeでの3ヶ月に一度のライブと他1つくらいだったようですね〜
他の人を交えたりでは色々やっているのでそんな感じしないのですがwww
案外と貴重なデュオでやっているここでの演奏は大切にしたいところですわね。

ということで、次回も決まりました。
来年3月です。
3/13(金)ぜひご予定いただければと思います!

2019/11/22 “Puerta del Castillo Latin Jazz Live”@蕨OurDelight

2019/11/22(金)
"Puerta del Castillo" Latin Jazz Live
@蕨OurDelight
城戸英行(Bass)
石毛杏子(Sax&flute)
鹿島美和(Piano)
櫛田満(Percussion)
蕨OurDelightでのライブでした。
お越しいただいた皆様、マスター、メンバーの皆様ありがとうございました。

なんとメンバー全員が初出演!!
店内の到るところにマスターのこだわり&心配りを感じまくる素晴らしいお店でした。
噂に聞いていた通り高い天井での音響もよい感じでした!

それぞれには勝手知ったるメンバーとの共演でしたが、
この組み合わせはお初だったのかも〜
和気藹々と楽しく演奏させてもらいました。

今回も、僕のアレンジしたジャズやラテン曲を中心にやらせてもらいました。
が、1曲ピアノの鹿島美和ちゃんのアレンジした「津軽海峡冬景色」のRumbaアレンジもやらせてもらいました。
先日、某所で三味線教室発表会のリハをやってから演歌ってキューバで言うところのRumbaみたいなもんだよなーとか思ったらセットリストに加えたくなってしまいまして…
こちらのライブハウスで他の日程の出演者見ると、
いわゆるきちんとしたジャズのミュージシャンが多い中でこんな曲やってよかったのかしらという葛藤は多少ありましたがウケていたので良しとしておきましたwww

雨も降り、かなり冷え込む日でしたが、気がつけばいつも通りライブの終わる頃には汗だくになっておりました…
ラテンって体力勝負よねwww
Set List
 1st
 1.And,Sammy Walked In
 2.Moliendo Cafe
 3.Yes or No
 4.Brussels in the Rain
 5.Mambo Mongo

 2nd 
 1.津軽海峡冬景色
 2.Fly with the Wind
 3.Building Bridge
 4.Claudia
 5.Maria Cervantes 
 
 En El Guararey de Pastora(ワラレ改め ワラビ! )

2019/10/26 “LJQ(ラテンジャズカルテット)”@阿佐ヶ谷スタッカート

2019/10/26(土)
“LJQ(ラテンジャズカルテット)”
@阿佐ヶ谷Staccato
川満直哉(Flute/Sax)
飯島瑠衣(Piano/Flute)
城戸英行(Bass)
阿保拓(Percussion)
阿佐ヶ谷ジャズストリートでした。
川満さんとのカルテットで阿佐ヶ谷スタッカートへ出演させてもらいました。
お越し頂いた皆様、共演者の方々、阿佐ヶ谷スタッカートの皆様ありがとうございましたー!

回数を重ねてきたので色々小慣れて良い感じのライブだったと思います〜
ヒイヒイ言ってたカミロの某曲も大分皆んな手慣れてきましたねw

キューバンとかブラジル音楽でもないような、ラテン風フュージョン的なこのアンサンブルやりそうでやらない感じなので個人的には楽しいです。
楽器も最近セッティングをやり直したTobiasのHi -C仕様の五弦ベースを持っていったのが上手くハマりました。


アンコールでは飯島瑠衣ちゃんがフルートに持ち替え、
川満さんがPianoを弾くというレアなアンサンブルにwww
そして、お昼にスタッカートで演奏していたフルートの酒井麻生代ちゃんも参加してくれて楽しかった〜
やっぱり僕はフルート好きなんですよね〜
昔たくさんフルートアンサンブルとか譜面書いてたりしたのでフルート複数いるアンサンブルは燃えますね〜

とりあえず、スタッカートらしからぬ爆音系な暑苦しいアンサンブルにて楽しいライブでしたー!

2019/7/18 昭島フォレストイン昭和館

2019/7/18
昭島フォレストイン昭和館
市島美恵子(Trombone)
吉田敦(Piano)
城戸英行(Bass)
星野智子(Percussion

メンバーで写真とか撮らないわけですよw
中庭ビアガーデンで演奏予定だったけど雨なのでレストラン内で演奏。
衣装なんとなくアロハにしたらスタッフさんの制服?と色が被り何度かピッチャー注文されたわよ。

ライブもなかなか盛り上がりました!
ちびっこがコンガに興味津々でノリノリに聴いてくれて嬉しかったわ〜。

2019/6/28 Tropicanduo Live@武蔵中原Coffee Spot Life

2019/6/28(金)
”Tropicanduo Live”
@武蔵中原Coffee Spot Life
Tropicanduo:
鹿島美和(Piano)
城戸英行(Bass)
いつもの武蔵中原Coffee Spot LifeにてTropicanduoライブでした。
今回は夏、雨の曲を中心にやってみました。
ラテンスタンダードがなかなかいい感じの演奏になって楽しかった〜。

次回9/6金曜日武蔵中原コーヒースポットLifeで
演奏しますー!
次はもう秋ですね。

そして、次の僕のライブはこちら!
ぜひご予定を〜!

ラテンベース入門「Afro〜6/8拍子(ハチロク)のベース その2」

前回の記事では、Afro 6/8でのベースラインをいくつか紹介してみました。
この記事では、Afro 6/8のバリエーションをひたすらに紹介してきます。

Afro 6/8のベースライン バリエーション

Afro 6/8 Ex.1

Afro 6/8 Ex.1
Afro 6/8 Ex.1

Afro 6/8 Ex.2

Afro 6/8 Ex.2
Afro 6/8 Ex.2

Afro 6/8 Ex.3

Afro 6/8 Ex3
Afro 6/8 Ex.3

Afro 6/8 Ex.4

Afro 6/8 Ex.4
Afro 6/8 Ex.4

Afro 6/8 Ex.5

Afro 6/8 Ex,5
Afro 6/8 Ex.5

Afro 6/8 Ex.6

Afro 6/8 Ex.6
Afro 6/8 Ex.6

Afro 6/8 Ex.7

Afro 6/8 Ex.7
Afro 6/8 Ex.7

Afro 6/8 Ex.8

Afro 6/8 Ex.8
Afro 6/8 Ex.8

Afro 6/8 Ex.9

Afro 6/8 Ex.9
Afro 6/8 Ex.9

Afro 6/8 Ex.10

Afro 6/8 Ex.10
Afro 6/8 Ex.10

Afro 6/8 Ex.11

Afro 6/8 Ex.11
Afro 6/8 Ex.11

Afro 6/8 Ex.12

Afro 6/8 Ex.12
Afro 6/8 Ex.12

Afro 6/8 Ex.13

Afro 6/8 Ex.13
Afro 6/8 Ex.13

Afro 6/8 Ex.14

Afro 6/8 Ex.14
Afro 6/8 Ex.14

Afro 6/8 Ex.15

Afro 6/8 Ex.15
Afro 6/8 Ex.15

Afro 6/8 Ex.16

Afro 6/8 Ex.16
Afro 6/8 Ex.16

Afro 6/8 Ex.17

Afro 6/8 Ex.17
Afro 6/8 Ex.17
ということで、ひたすらにAfro 6/8のベースラインを紹介してきました。
これをBembe Claveやクリックに合わせて弾けるようにしましょう。
そして、しっかりと下記の2つのパルスを感じながら弾くようにしましょう。

ABEMA

ラテンベース入門 「Afro〜6/8拍子(ハチロク)のベース その1」

前回まで簡単に6/8拍子のクラーベについて書いてきましたが、
今回はラテンの6/8拍子でのベースラインについて解説していきます。


6/8拍子のグルーヴは、
"Afro 6/8"
"Afro-Cuban 6/8"
"Ninango"
などと称します。

今までの解説でも書いてきましたが、Afro6/8をグルーヴさせるのに大切なのは3つ割りのリズムと2つ割りのリズムを同時に感じるということです。

基本のパルスとなるのは下記のEx.1のリズム。
Ex.1
これにEx.2のリズムを刻むと3と2のリズムが合わさった複合的なリズムとなるわけです。
Ex.2(2つとも同じですが表記を変えているだけです。)
上記譜例のEx.2のリズムをベースでそのままひたすらに弾いているのがこちら。
"Afro Blue" by Mongo Santamaria
パルスはEx.1で感じながら弾いてください。
ちょいちょいジョン・コルトレーンの曲と思われているジャズ系の方に遭遇しますが、モンゴ・サンタマリアの曲ですw
イントロ〜テーマのところだけざっと採譜してみました。
アドリブはマイナーブルースです。

PDF:Afro_Blue_bass

気をつけるのはテヌートで弾くことです。
スタッカートになってしまうと違う感じになってしまいます。
僕はよくわからない頃、スタッカートで弾いてしまい何回か睨まれ&怒られた経験がありますよ!
6/8 Afroのベースライン
Ex.1のパルスとEx.2を感じつつ、弾いていれば比較的ベースラインは自由にどのように動いても問題ないです
が、放りっぱなしも良くないと思うのでいくつかベースラインを示していきます。
いずれのフレーズも2小節(1クラーベ)で一つのパターンとなっています。
Afro 6/8 Ex.1

Ex.1-a

Ex.1-b

Ex.1-c

2小節(1クラーベ)のパターンを3つ。
2小節目だけ変化させています。
Afro 6/8 Ex.2

Ex.2-a

Ex.2-b

こちらAfro 6/8 Ex2も2小節(1クラーベ)のパターンで2つ。
2小節目だけ変化させています。
Afro 6/8 Ex.3
Afro 6/8 Ex.4
Afro 6/8 Ex.5
ということで、Afro 6/8でのベースラインをいくつか紹介してみました。
もう少しバリエーションも紹介していきたいと思うので次回へ続きます。



ABEMA