「トゥンバオ」タグアーカイブ

ラテンベース入門 その11 クラーベとコード進行

クラーベとコード進行について書いていきます。
クラーベの向きでコード進行も変わってきます。
というべきなのか、
コード進行によってクラーベの向きを変えますなのか。
鶏と卵的な話でどちらが先にくるのかはケースによるのでしょうがw


True Cuban BassやLatin Bass Bookにも記載があるのですが、
コード進行がクラーベを決定する要素にもなります。
トニック(Tonic)から始まるコード進行は2−3です。
モントゥーノでよくでてくるコード進行ですが
Ⅰ−Ⅳ−Ⅴ−Ⅳの場合は一般に2-3
となります。



これが違和感なく思えるのは、
解放感がある2サイドにトニック(Ⅰ△7)が配置され、
緊張感がある3サイドにドミナント(Ⅴ7)が配置されているからと思います。
3サイドの最後の音であるポンチェ(3サイドの4拍目)でもリズムとハーモニーの解決感が一致しています。

ドミナント(Dominant)から始まるコード進行は3−2です。
Ⅴ-Ⅳ-Ⅰ-Ⅳのコード進行は、トニックから始まるものとは逆で一般に3–2になります。



これは2−3のときとは逆で
緊張感のある3サイドでまずドミナント(Ⅴ7)が置かれ
ポンチェ(3サイドの4拍目)にトニックがきてリズムの解決感とハーモニーの解決感が一致。
そして、解放感がある2サイドにトニックを配置いるためクラーベとコード進行が一致している感じがします。

と、ここまで書いてきましたがあくまでコード進行だけで判断するとこうだようという話でして実際はメロディーの動きでも判断してクラーベが逆になってたりというケースもあります。
あくまでこのコード進行だと一般的にはこうなるという話です。

ベーシスト的にはとりあえず、初見でクラーベの向きが謎な時などは最初はベーシックなトゥンバオを弾いておきましょうw
そして、メロディーの流れなどでクラーベが判別できてきたらバリエーションをつけていくようにしましょう。



ラテンベース入門 その9 クラーベに基づいたフレージング


クラーベの機能

ラテン音楽を演奏する上で大切なのは、
イン・クラーベであり続ける
ということです。
アレンジを構成するリズム/メロディ/ハーモニー全てがクラーベに沿うように展開していきます。

この記事ではハーモニー、メロディについてはおいておいて。
ひとまずリズムについて書いていきたいと思います。

クラーベにリズムを対応させよう

ラテン音楽の各楽器のパターンはクラーベによって形成されています。
ですので、クラーベの種類によってどのようなパターン/フレーズを演奏するかが決定されます。
基本的なルールとしては、
・クラーベの2サイドの小節ではダウンビート(表拍)を強調する。
・クラーベの3サイドの小節ではアップビート(裏拍)を強調する。

わかりやすい2小節のピアノのトゥンバオのパターンを例としてあげてみます。
Ex.1a 2-3クラーベでのピアノのトゥンバオ

まず2-3クラーベでのピアノのトゥンバオのパターン。
2サイドである1小節目は表拍から始まるフレーズで、
3サイドの2小節目は全て裏拍で始まるフレーズになっています。
したがって、このトゥンバオは2-3クラーベに沿ったトゥンバオとなるわけです。
Ex.1b 3-2クラーベでのピアノのトゥンバオ
Ex.1aのパターンを3-2で演奏する場合は、小節を逆さまにして裏拍から始まるフレーズから始めればよいわけです。
リズムスタイルなどによりこのルールから外れるものもありますが、基本的にはこのルールに基づいてフレージングされます。
クラーベに影響されないトゥンバオのパターンもあります。
(ベースでいうと以前の記事のようなパターン)
下記のようなピアノのトゥンバオはクラーベに影響されずに演奏できます。

これらはソンなどにおいてトレスなどでよく演奏されるパターンです。
表拍(1,3拍目)を強調しないで、アップビート(2,4拍目)を強調した1小節パターンとなっています。
このように
ダウンビート(表拍)を省略し、シンコペートした1小節のパターンを演奏するのであればクラーベとは衝突しません
まとめ
1.クラーベの2サイドの小節ではダウンビート(表拍)を強調。
2.クラーベの3サイドの小節ではアップビート(裏拍)を強調。
3.ダウンビート(表拍)を省略し、シンコペートした1小節のパターンを演奏するのであればクラーベとは衝突しない。

クラーベに基づくベース・トゥンバオのフレーズ

とりあえず、ここまではピアノトゥンバオを例にクラーベの反転によるフレーズの変化を解説してきました。
ベースラインにおいても同様のルールでフレーズを変化させていきます。
通常のベーストゥンバオではこれらの影響を受けませんが、
トゥンバオを複雑化させていった場合これを注意していく必要があります。
ここで幾つかのクラーベに沿ったトゥンバオをクラーベの向きが正しい例と間違った例を並べてみます。
クラーベに当てはまっているものをイン・クラーベ
クラーベと当てはまらないものをオフ・クラーベ
といいます。
Ex.1

Ex.1は2小節(1クラーベ)のフレーズです。
上段2-3のトゥンバオがイン・クラーベです。
上段だと2サイドで表拍を強調したフレーズ、3サイドで裏拍を強調したフレーズとなっています。
3サイドのフレーズはクラーベとシンクロしています。
下段の3-2の場合2サイドで裏拍を強調したフレーズになり、
クラーベに当てはまらないフレーズとなっています。
Ex.2

Ex.2はCachaoの有名なフレーズで、4小節(2クラーベ)でできています。
上段2-3のトゥンバオがイン・クラーベです。
こちらもEx.1と同様に上段だと2サイドで表拍を強調したフレーズ、3サイドで裏拍を強調したフレーズとなっています。
3サイドのフレーズはクラーベとシンクロしています。
下段の3-2の場合2サイドで裏拍を強調したフレーズになり、
クラーベに当てはまらないフレーズとなっています。
Ex.3

Ex.3は、2小節(1クラーベ)のフレーズです。
下段3-2のトゥンバオがイン・クラーベです。
上段の2-3の場合、3サイドでの3拍目が裏拍でないと不自然な感じでオフ・クラーベです。
下段の3-2だと2サイドで表拍のフレージングがクラーベと当てはまります。
Ex.4

Ex.4は、4小節(2クラーベ)のフレーズです。
下段3-2のトゥンバオがイン・クラーベです。
上段の2-3の場合、2小節目の3サイドでの3拍目の表拍のフレーズ、3小節目の2サイドでの1拍目が裏拍でのフレーズがオフ・クラーベです。
下段の3-2だと2サイドで表拍のフレージングがクラーベと当てはまります。

ということで、2-3/3-2クラーベでのフレージングについて簡単に書いてきました。
とりあえず、例示したのはソン・クラーベでのフレージングだったのですがルンバ・クラーベになるとまたベースラインもこれによって変わってきます。
これについても今後書いていきたいと思います。

※そのうち例示しているトゥンバオのパターンの動画or音源もアップします。



ラテンベース入門その8 「トゥンバオとクラーベ」


基本的なトゥンバオのパターンを紹介しました。
次はラテンの要であるクラーベとベースのトゥンバオの関係性を解説していきたいと思います。

クラーベについて

以前の記事で書いたようにした通りクラーベとはラテン音楽の要となるものです。

クラーベは繰り返し続けられるパターンで、通常曲のスタートから終わりまで変化しないでずっと同じリズムを刻み続けます。

(2-3と3-2が途中急に逆になったりとかはしません!アレンジ上そういう仕掛けもありますがそれについてはまた書いていきます。) 


他のすべてのリズムの土台にある定型のリズムなのですが、

クラーベが実際に演奏されていない状態でもその内側にクラーベが存在しているものとして感じ取ることが重要となります。
ラテン音楽における全てのフレーズはクラーベに沿ったり
クラーベに絡めたりしてフレージングしています。

ベースとの関連性

ベースのトゥンバオはクラーベのパターンを非常に直接的に表現したフレーズとなっています。

まずソン・クラーベとの関係性をみてみましょう。


ソン・クラーベは二つの小節で構成されています。

この音が3つある3サイドのうち、
2拍目の裏のことをボンボ(Bombo)と呼びます。

そして、3サイドの4拍目の音をポンチェ(Ponche)と呼びます。

ベースラインではこのボンボとポンチェにあたる部分を演奏
していくことになる訳です。

ボンボは、リズムをプッシュするようなフィーリングを作り。
ポンチェは、ボンボでプッシュされたストロークを落ち着かせ解決させるようなフィーリングを持っています。


前回の記事で紹介した標準的なトゥンバオは、

ボンボとポンチェを使ったものなので

"ボンボ・ポンチェ・トゥンバオ”

と呼んだりします。
このパターンで演奏する時、
まずトゥンバオのスタートする最初の小節で一拍目を演奏します。

しかし、そこから後は…

ボンボ(2拍目の裏)とポンチェ(4拍目)しか演奏しません!


ポンチェ(4拍目)を弾いたら小節線をタイでまたぎ次の小節のコードを先行して弾いていきます。

1拍目は一切演奏しません。

 

上記の譜例でわかるように、
トゥンバオは
クラーベの3サイドと譜割りが完全に一致しています。
対して、2サイドはクラーベと同じ拍の部分は演奏しません。
クラーベとトゥンバオの位置関係をしっかり把握しましょう。

クラーベとトゥンバオの位置関係を体感するための練習

リンカーン・ゴーインズの教則DVDの中でこのような練習方法を紹介しています。

動画の18:11辺り参照

足でクラーベを刻みながらトゥンバオを演奏してみましょう。
そうするとトゥンバオとクラーベの位置関係がよく体感できると思います。

クラーベの向きによるトゥンバオの変化について

基本的なトゥンバオは、クラーベの向きがどちらであっても同じものです。

他の楽器は、2小節のパターンで成り立ったフレーズになっているのでクラーベの正しい位置から演奏しなければなりません。

(ピアノモントゥーノ、コンガ、カスカラ、カンパナなどなど)


ということで、ベースは一見クラーベとは無関係なようですが、やはりベースのフレーズもクラーベと関連しているのです。


より複雑なフレーズのトゥンバオを使う場合には、クラーベとの関連性をフレーズで意識する必要があるのです。

感覚的な部分もあるのですが…

一般的には中心となるアクセントがクラーベの位置と揃うようにベースラインを構築させる
ようにしています。
これについてはまた別の記事で詳しく紹介していきたいと思います。



ラテンベース入門 記事一覧


ラテンベース入門その1

ラテンベース入門 その1

ラテンベース入門その2
「ラテンって何?」

ラテンベース入門 その2「ラテンって何?」

ラテンベース入門その3
「ラテンベースの教則本」

ラテンベース入門 その3「ラテンベースの教則本」

ラテンベース入門その4
「リズムのとり方」

ラテンベース入門 その4「リズムの取り方」

ラテンベース入門その5
「クラーベ」

ラテンベース入門 その5「クラーベ」

ラテンベース入門その6
「シンコペイトしないトゥンバオ」

ラテンベース入門 その6「シンコペイトしないトゥンバオ」

ラテンベース入門その7
「ラテンベースの大半はこれ」

ラテンベース入門 その7「ラテンベースの大半はこれ」

ラテンベース入門その8
「トゥンバオとクラーベ」

ラテンベース入門その8 「トゥンバオとクラーベ」

ラテンベース入門その9
「クラーベに基づいたフレージング」

ラテンベース入門 その9 クラーベに基づいたフレージング

ラテンベース入門 その10
「サルサの曲構成」

 

ラテンベース入門 その10 サルサの曲構成

ラテンベース入門その11
「クラーベとコード進行」

ラテンベース入門 その11 クラーベとコード進行

ラテンベース入門 その12
クラーベを反転させる

ラテンベース入門 その12 クラーベを反転させる



ラテンベース入門 その7「ラテンベースの大半はこれ」



前回はシンコペイトしていないトゥンバオをやってきました。
今回は、いよいよラテンベースの真骨頂。
シンコペーションし続けるトゥンバオを学んでいきましょう。
早速ですがこちらの譜例。

Ex.1

これがみんなのイメージするいわゆるラテンのベースだと思います。
4拍目が次の小節の1拍目にタイで結ばれていることを除けば、
前回の記事で最初にやったトゥンバオと同じです。
このシンコペイトしたトゥンバオは、ほとんどのアフロ・キューバン音楽のベースラインで用いられている基本パターンとなります。
Guanganco(ワワンコ)、Guarach(ワラチャ)、Rumba(ルンバ)、
Mambo(マンボ)、Bomba(ボンバ)、Son-Montuno(ソン・モントゥーノ)などなど様々なグルーヴでこのトゥンバオが用いられます。

このトゥンバオを身体に染み込ませましょう!
バリエーションなどは色々ありますが、
サルサのベースの半分以上はこのリズムでできたトゥンバオ
です。
このリズムが自然に感じられるようになるまでじっくり練習してみましょう。
特に注意すべきなのは1拍目です。
1拍目は演奏しませんが、一つ一つの小節で1拍目がどこなのかをキチンと感じながら演奏してください。

慣れるまでは
1.(4分音符で)口でワン、ツー、スリー、フォーとカウントしながら弾いてみる。
2.足は1拍目と3拍目で踏む(2分音符)
このようにしながらEx.1を弾いてみて、カウントに対してトゥンバオのリズムがどのように噛み合っているかを意識して弾いてみましょう。

次に
1.(4分音符で)口でワン、ツー、スリー、フォーとカウントしながら弾いてみる。
2.足を2拍目,4拍目で踏む

これで同様のことをやってみます。
こうすると4拍目の音を次の小節のシンコペーションとしてではなく、あくまでダウンビートであると意識することができます。
こうして少しずつ慣れていきましょう。

音使いについて

通常は1小節ごとにコードがある場合、4拍目で次の小節のルート/2拍目の裏で5thの音を用います。
とはいえ、音使いは状況などによって変化は自由です。
特に2拍目の裏は3rd/7thなども頻繁に用います。
とにかく、4拍目で次の小節のコードを先行して弾くことだけ忘れないで下さい。

リズムを捉えるのもそうなのですが、ジャズなどでウォーキングベースを弾くことに慣れている人にとってはコードを先行して弾いていくのが意外と難しいようです。
これもジャズ・スタンダードのコード進行などに合わせて弾いて慣れていきましょう。

ということで、一番定番となるトゥンバオを紹介しました。
これの精度を高め、理解を深めていくための知識や、
バリエーションの付け方について今後書いていこうと思います。
あと、Cha-Cha-Chá,Danzón,Bolero,Rumba,Afro-6/8,Son-Afroなどなど各リズムにおけるベースラインも紹介していきたいですね〜。



ラテンベース入門 その6「シンコペイトしないトゥンバオ」


ようやくベースラインの話になってきました。
まず、トゥンバオ(Tumbao)という単語について。

トゥンバオというのは、
ピアノやベース、コンガでのベーシックな繰り返しのリズムパターンのこと
を言います。

クラーベとの関係性やラインの組み立て方など色々難しい話はあるのですが、まずは簡単なベースのトゥンバオから弾いて練習してみましょう。

シンコペイトしないトゥンバオEx.1

Guaracha(ワラチャ)のモントゥーノセクションなどで用いられるトゥンバオです。
弾く音は、1拍目にRoot音、2拍目の裏が5th、3拍目がRootのオクターブ上というような音使いが多く用いられますがどのように弾いても大丈夫です。
まずはこのようなシンコペーションしていない古典的なトゥンバオのパターンで少しずつ慣れていきましょう。
シンコペイトしないトゥンバオEx.2-1


もう一つこのバリエーションとなるトゥンバオを。
これもGuaracha(ワラチャ)などで用いられる一番基礎的なパターンの一つです。
またその他のスタイルでも次の記事に記載している標準的なトゥンバオのバリエーションとしてミックスして使われます。
特徴としては2拍目の表を弾いているので、独特のグルーヴとなります。
2拍目の裏に強いアクセントを置きます。
シンコペイトしないトゥンバオEx.2-2

このように変化つけたパターンもよく用います。
シンコペイトしないトゥンバオEx.2-3

Ex.2-1のトゥンバオを少し変化させて、4拍目の4分音符を8分2つにしています。
こうすると4拍目がコンガのトゥンバオとユニゾンになってグルーヴがコントロールしやすいです。
Ex.2-2のトゥンバオも同様に変化つけてみましょう。
下記のようにして上記のトゥンバオを弾いてみましょう。
1.1拍目3拍目にクリックを鳴らして/足は2分音符で刻む
2.8分裏にクリックを鳴らして/足は2分音符で刻む
3.曲のコード進行に合わせて1〜3の練習をする
ここまでやったトゥンバオはクラーベが2-3/3-2どちらに変化してもフレージングは変わりません。
しかしながら、クラーベに対してベースラインがどう動いているのか意識するとアンサンブルしやすくなると思います。

ということで、足でクラーベを刻みながらこれらのトゥンバオを弾いてみるのは非常に効果的な練習になります。
下記のようにしてトゥンバオを弾いてみましょう。
1.クラーベに合わせて/足は2分音符で刻む。
2.1拍目3拍目にクリックを鳴らして/足でクラーベを刻む
3.8分裏にクリックを鳴らして/足でクラーベを刻む
4.曲のコード進行に合わせて1〜3の練習をする

クリック代わりにクラーベを鳴らして練習するのに、
こちらを使ってみましょう。
なんとソン・クラーベ/ルンバ・クラーベを鳴らせるメトロノームです。

※そのうち譜例のトゥンバオを演奏した音源にするか動画にするか迷いますがアップしていこうかと思っています。



ラテンベース入門 その5「クラーベ」



ようやくラテンっぽい内容になってきました。
が、まだベースを弾く段階になっておりませんwww

クラーベという単語はラテンをやったことがない方でも聞いたことある人もいるかもしれません。
オラシオ・エルナンデスというドラマーがフットクラーベを使ったドラムソロで他ジャンルの音楽シーンでも有名になりましたよね。


Clave(クラーベ)とはスペイン語で“鍵”という意味です。
即ちラテン音楽で鍵となるリズムなのです。

このリズムパターンをクラベスという拍子木のような楽器を叩いたり、他のパーカッションで刻んだりします。
このクラーベというパターンがラテン音楽のフレーズやパターンを作る上で重要な要素になります。

クラーベとは…


Tension&Relalease(緊張と解放)の関係にある2つのリズムフィギアを繰り返すパターンのことです。
2小節のフレーズで成り立ち、2分音符のパルスでカウントを行います。
1小節ずつで区分けされる2つのリズムパターンを合体した形で構成されるパターンです。

クラーベのパターンは
「3つの音からなる小節」=3サイド
「2つの音からなる小節」=2サイド
で構成されていてどちらが先にくるかによって
3-2(スリーツー)、2-3(ツースリー)
という2つのパターンで呼びます。
3サイドで緊張感(テンション)
2サイドで解放感(リリース)
を感じるようなフィールになっています。

2-3の方が前に進んで行く感じがあります。
1小節目の2サイドで解放感を感じるリズムが先に出て、
2小節目で緊張感が出されます。
というような感じで、2小節パターンの2小節目で緊張感が出てくるので次に進んでいく感覚が演出されるので前に進んでいくようなフィーリングがあるのかと思います。

3-2の方は落ち着いた感じです。
1小節目の3サイドで緊張感を出して、
2小節目の2サイドで解放感を出します。
というような感じで、2小節間でビートが一段落するため安定感のある落ち着いたフィーリングになっているのかと思います。
クラーベはほとんどのキューバ音楽のリズムの土台になるもので、楽器のパターン、メロディのフレーズ、アドリブなども全てクラーベに沿って展開します。

クラーベには大きく[3種類]のパターンと、
この2小節パターンの前後を入れ替えた
それぞれの2−3,3-2の方向[2パターン] で合計6種類あります。
1.ソン・クラーベ(Son Clave)
2-3 Son Clave
3-2 Son Clave


2.ルンバ・クラーベ(Rumba Clave)
2-3 Rumba Clave

3-2 Rumba Clave
3. 6/8クラーベ/ベンベクラーベ(Bembe Clave)
上段がクラーベのパターンで、下段がパルスです。
一応、両方書いておきますが2-3のBembe Claveのパターンはあまり用いられません。
3-2 Bembe Clave



2-3 Bembe Clave


6/8拍子のクラーベはパルスの感じ方が大切なのでこれも併記しておきました。
表記の仕方やパルスの感じ方についてや、ルンバクラーベとの関係性など色々知っておくべき要素があるのですが、長くなるので
また別の記事で突っ込んで説明したいと思います。

というようにクラーベの各種類を紹介してきました。
それぞれパルスと共に叩けるようにしましょう

例えば
1.足でパルスを刻みながら、クラーベを手でクラップする。
2.片手でクラーベ、もう一方の手でパルスを叩く
3.左右の手を入れ替えて同様に…
クラーベについては、キューバ音楽の核となるものです。
それ故に知っておくべきことは沢山あるのですがキリがないのでひとまず紹介だけ。



ラテンベース入門 その3「ラテンベースの教則本」



「ラテン教えてくださいよー」って方に一番聞かれるのは
「どんな教則本とかありますか?」ってことなのでまずはこれから紹介していきます。

ベースラインだけわかってもなかなか実戦で通用させにくいところもあるのですが、
ベーシックな弾き方がわからないと何ともできませんからね。


1.True Cuban Bass

まず一つだけ入手するならこの教則本がいいです。

ラテンベースの基本的なグルーヴが網羅されています。

クラーベとベースライン、打楽器とのコンビネーションについての解説も充実していて非常に参考になりました。

また後述するラテンベースブックでは触れられていないアフロキューバンのリズムスタイルも解説しているので有意義です。(Bolero,Danzón,Rumbaなど)

トゥンバオの組み立て方、クラーベに沿った発展のさせ方についても論理的に解説してあり大変参考になります。

コピー譜も充実しています。
(音源も全て付属のCDに収録されています。)


2.「Latin Bass Book


次にもう一つ買うならこちら。
一番入手は容易かなと思います。

キューバ、ブラジル、メレンゲ、カリプソ、ベネズエラ音楽などなど
いわゆる大きなくくりでのラテン音楽全般のベースラインを扱った貴重な内容です。

内容的にはキューバ5割、ブラジリアン3割、その他2割といったところです。
特にキューバ音楽におけるトゥンバオのバリエーションを豊富に紹介してあるので、実戦的にもかなり参考になります。

ただし、解説などはちょっと物足りない感じなので習うようり慣れろというような感触。
独学でこれだけを参考に学ぶのはなかなか骨が折れそうです。
とはいえ、付属のCDが非常にご機嫌なのでこれに合わせて演奏するだけでも相当によい練習にはなります。


3.「高橋ゲタ夫ラテンベースベーシック」


ラテンベースで(翻訳などではなく)日本語で解説されている唯一のものでしょう。

タイトル通り、ラテン初級~中級者向けと言える内容。
クラーベとメロディの関係性や、様々なパターン ルンバ、マンボ、サルサ、メレンゲ、バチャータ(とDVD内でゲタ夫さんは言っていますがTimbaのことですかね…?)を紹介されています。

動画であるからこそというか、教則本では解説しにくいであろう、Bomba Cubano(シントゥーラのところでやるドゥ〜ンってやつ)の例示などもあり大変参考になりました。

最後に Baby Bassのラテン的な弾き方を解説しています。
Baby Bassのテクニック的な解説をしている資料はほとんどないので大変参考になります。


という感じで、まずは比較的入手も容易そうなものを3つ紹介しました。

昔と違い今は充実した内容の教則本などが他にもたくさんありますよね。
日本でも入手が容易になっています。

本場からきてくれるミュージシャンや行き来する日本人も増え、色々と伝聞で見聞きしているものはあると思います。
しかし、本で得られる情報は網羅的で体系立ててあるので気付きが多いです。
やはり異文化の音楽で、我々にはわからないことも多いので情報は少しでも多い方がいと思いますからね〜。



ラテンベース入門 その1



ラテンベースをやられている素晴らしい日本の諸先輩方がたくさんいらっしゃるのに
「おれが書くのもなー」という気は物凄くするのですがね。

「ラテン」「ベース」
とか
「トゥンバオ」「弾き方」

みたいなので検索すると碌なコンテツがない!
ネット上の日本語コンテツでラテンベースに関する資料があまりに少ない…。
これじゃいつまでもラテンをやるミュージシャンが増えないのは当たり前。
ということで、僕が書いていこうかと思います。

現状、ネット上でしっかり参考になる日本語ラテンベースコンテツというと…
伊藤寛康さんのweb siteに載っているかつてJazz Life誌に掲載されていたトゥンバオ天国だけかと思います。
他も一応あるにはあったのですが、ラテン専門にしてない方のコンテツなので微妙なのが多いです…。
(これいいよみたいなのがあれば教えていただきたいです〜!)

パーカッションやピアノは比較的しっかりととまでは言えないまでも比較的情報があるのですが、ベースは少ないですね。

ということで、少しずつこちらで解説をしていきたいと思っています。