「サンバベース」タグアーカイブ

ブラジル音楽のベース入門 その6-4「Adriano Giffoniの動画Ritomos Brasileiros:Bossa Nova」

Adrino Giffoniが解説しているブラジル音楽の各リズムについての動画の採譜を引き続きしてみました。
今回はこちらの動画「Ritomos Brasileiros:Bossa NovaということでBossa Nova(ボサノヴァ)のベースラインです。

0:39〜

ボサノヴァのベースラインその1です。
ピッキングをネック上で行い柔らかい音色にしています。

1:02〜

ボサノヴァのベースラインその2です。
シンプルに4分音符のみでのラインとなっています。

1:27〜

ボサノヴァのベースラインその3です。
バチーダというボサノヴァでのギターのコンピングを模したものです。

1:40〜

ボサノヴァのベースラインその4です。
サンバでもよく用いるスルドを模した、符点8分音符と16分音符のパターンです。

2:08〜

こちらはサンバのベースラインとなっています。
ボサノヴァと比べるとリズミックでアクセントなども多様したラインとなっています。
ボサノヴァとサンバの違いを感じてみて下さい。

2:16〜

ボサノヴァのベースラインその5です。

ボサノヴァはサンバのリズムを基本にしていますがサンバよりもシンプルなリズムにします。
アクセントもあまり付けず、大げさな表現はしません。
リズムの訛りもサンバと比較するとあまり訛らせず平坦なリズムで演奏します。
淡々とクールに演奏したほうがベターです。

そして、音使いはサンバよりもテンションなどを選択したり、メロディックなラインもよいかもしれません。
こちらのラインもアルペジオやクロマチックアプローチを使ったラインとなっています。
Adriano Giffoniのこのシリーズの採譜も引き続き続けてきました。
これまたBossa Novaについての解説もちゃんと記事書かないといけませんねー。 
また引き続き記事を更新していきたいと思います。

ブラジル音楽のベース入門 その6-2「Adriano Giffoniの動画 Ritmos Brasileiros:Samba」

Adriano Giffoniが解説しているブラジル音楽の各リズムについての動画の採譜してみました。
まずはこちらの動画「Ritomos Brasileiros:Samba」
ということで、サンバのベースラインです。

いずれも5弦ベースのB弦を中心に組み立てられたラインなのでTab譜も5弦のものにしてあります。
0:20〜
4分音符を中心とした基本的なサンバのベースラインです。
0:39〜
最初のものにゴーストノートを入れたリズミックなベースラインです。
実音を弾いている弦より2つ高い弦をいずれも使ってゴーストノートを弾いています。
というのも、各拍の頭で弾いた実音を伸ばした状態で、ゴーストノートを弾いているからです。
同一弦だと勿論音が途切れますし、1つ高い弦だとアポヤンド(弾いた弦の隣の弦に当てて止める弾き方)で弾いている場合ミュートして実音が切れてしまいます。

ということで、記譜上は煩雑になるので上記のような表記にしておりますが実際は下記のように弾いています。
音価を伸ばさないで最初の譜例の通りに弾くのも全然よくあるパターンですが、このようにしてみるとベースラインがなりつつパーカッシブなゴーストノートも聞こえるのでリズムが厚くなりますね。
1:02〜
0:39〜のパターンにバリエーションを加えたものです。
これも先程と同様ゴーストノートを弾いたところで実音を伸ばしながら弾いているようです。
1:45〜
更に細かくゴーストノートを入れたパターンです。
判別できなかったのですが、こちらは同一弦でゴーストノートを入れている気が…?
これも他と同様に音価を伸ばして弾いても面白いと思います。

久しぶりの更新でした、ブラジル音楽のベース編ですがこんな感じでしばらくはお茶を濁した更新にしていこうかと思いますwww

ブラジル音楽のベース入門 その6-1「Adriano Giffoniのレッスン動画まとめ」

ブラジルのベテランベーシストであるAdriano GiffoniがYouTubeにレッスン動画を上げていました。
Samaba,Bossa Nova,Baião,Maracatuなど主要なリズムのベースラインを弾き解説してくれています。
僕はポルトガル語まるでダメですが、それでも全然わかる感じかと思います。
どれも大変に参考になる内容ですー!

Samba

こちらの記事でこの動画のベースラインを採譜し紹介しています。

Bossa Nova

こちらの記事でこのベースラインの採譜を紹介しています。

Baião

こちらの記事でこの動画のベースラインを採譜し紹介しています。

ijexá

Xote

Maracatu

Frevo

Ciranda

だいぶ更新に間が空いてしまいました上に、
久しぶりの更新は人様のコンテンツ紹介しているだけですwww
ちょっとこれだとあんまりかと思うのでそのうち各動画のベースラインを採譜したものを整理して載せたいと思ってます。

※ひとまず一個だけ採譜したものを載せました。(2020/1/30)
ブラジル音楽のベース入門 その6-2「Adriano Giffoniの動画 Ritmos Brasileiros:Samba」

ブラジル音楽のベース入門 その5「サンバ的なリズムのアクセントを意識しよう」

なかなか更新のペースが遅くなってきてしまいましたが、
そろそろ夏本番ですのでラテンやブラジル音楽の需要も高まってくると思いますのでもう少しペースを上げていきたいところですね。

ということで、引き続きサンバのベースについて解説していきたいと思います。

タンボリン(Tamborim)のパターン

タンボリン(Tamborim)
ベースラインの元となるスルドが一番低い音の打楽器となりますが、タンボリン(Tamborim)は一番高いピッチでアクセントを示すような役割になっています。
サンバのキモとなるアクセントを意識しながらベースラインを弾けるとよりサンバらしい演奏となります。
テクテク
ということで、タンボリン(Tamborim)のパターンを感じながらベースラインを弾けるようにしましょう。
上記の譜面のように
「テクテク/テテクテ/クテクテ/クテレク」
と口にしながらベースラインを弾いてみましょう。
ぐっとリズムに躍動感が出てくるはずです。

“Garfinho(ゴルフィーニョ)”

ゴルフィーニョ
音符の並んだ見た目がフォーク(食器のね)のようなので、
ポルトガル語でフォークを意味する
”Garfinho(ゴルフィーニョ)”
と称されるようです。
これもタンボリンで演奏されるパターンの一つとなります。
この音型でサンバのメロディは構成される事が多いです。

ということで、ベースラインにもこの音型を用いたりしますし、
フィルインなどでももちろんこの音型を活用します。
この音型が自然とでてくるように慣れましょう。
ということで、これを使ってスケール練習とかをしてみるといいかもしれません。
例えばですが…
Gメジャー・スケールを2オクターブをこのリズムにあてはめて弾いてみましょう。
他のスケールや、他のインターバルとかで通常のスケールエクササイズ的なものもこれにあてはめてやってみるといいと思います。
このGarfinho(ゴルフィーニ)の音型を少し削ったり、つなげたりするとよりサンバらしいバリエーションが増えていきます。
上記のリズム譜はGarfinho(ゴルフィーニ)の音型を少し削ったり、つなげたりしたものの一例です。
これらのリズムを使って同様にスケールやアルペジオを弾いてみてこのリズムに慣れていきましょう。

Garfinho(ゴルフィーニ)と3連符

上記の動画が非常にわかりやすく解説してくれているのですが、
タンボリンでGarfinho(ゴルフィーニ)の音型を3連符に近づけて叩いてみています。
サンバではイーブンの16分音符と3連符の中間のタイミングで音を刻んでいます。
上記2つそれぞれの中間地点の気持ち良いポイントを探ってみてください。
これがいわゆるサンバの訛りと言える部分の一つです。
演奏が盛り上がって熱くなると段々3連符に近づいていくようなイメージです。
逆に言うとクールに演奏したり、さほど熱くない場面ではイーブンに近づいていくわけです。
例えば、サンバのバリエーションであるBossa Nova(ボサノヴァ)はクールさが信条ですのでイーブンに近い感じで刻みます。
サンバのベースを弾く上で大切なスルドとの関係性を前回では触れてきましたが、今回はサンバの重要なアクセントとなるタンボリンとの関係性について解説してきました。
これらがベースラインとリンクしてくるとより強力なサンバベースが刻めるようになってくると思います!