ラテンベース 入門その36「クラーベに左右されないTumbao〜4パターン×4バリエーションに分類 その2 UDP〜Unanticipated Double-Ponche」

Clave Neutralの4つのバリエーションについて書いていきたいと思います。
これらのバリエーションはコンガのトゥンバオとベースのトゥンバオ関連性によって分類していきます。
Son(ソン)やSalsaなどにおいて、ベースとコンガの密接な結びつきを感じることはグルーヴを感じるために非常に重要な要素となります。

コンガのトゥンバオには沢山のバリエーションがありますが、大きく2つに分けてクラーベの向きによって作られるフレーズとクラーベに左右されないフレーズあります。
今回はClave Neutralなベーストゥンバオについてのフレージングについての考察ですので、
コンガのトゥンバオも同様にClave Neutralとなる1小節でのMarcha(マルチャ)と呼ばれるパターンを紹介します。 

Marcha(マルチャ)のConga Tumbao

Marcha(マルチャ)のConga Tumbao
ベーシストにとって、コンガのパターンの中で最も重要な打点は3つ。
Slap(スラップ)
Bombo(ボンボ)
Ponche(ポンチェ)
と言われるアクセントです。 
 Slap(スラップ)は各小節の2拍目に付くアクセントでとても重要な箇所です。 
Bombo(ボンボ)は2拍目の裏のアクセントです。
Bomo(ボンボ)のアクセントはクラーベの3サイドの2つめの音の位置にありますが、2サイドでも出てくるアクセントになります。
コンガのMarcha(マルシャ)に当てはめるとこの部分になります。
Ponche(ポンチェ)は、4拍目にあたる部分です。
コンガやベースを含む多くのパターンでは各小節のPonche(ポンチェ)…つまり4拍目にアクセントがあります。
Ponche(ポンチェ)はアンサンブル全体で演奏するアクセントであったり、ブレイクする箇所だったりします。
Marcha(マルシャ)のパターンですとこのようになります。
Ponche(ポンチェ)は、ベースがコンガと実際に音が重なる場所となります。 
この記事のシリーズで紹介している4パターン×4バリエーション全てのベースラインは、
Ponche(ポンチェ)のアクセントの一つまたは両方をヒットしています。
今回の記事で説明するバリエーションは、Ponche(ポンチェ)との関係によって定義しています。 
ここではTresilloのパターンを例示しました。
最初のパターンは前回の記事で紹介した最も基本的なパターンです。
譜例を見ての通り、このベースラインの3番目の音符は、コンガの最初のPonche(ポンチェ)と並んでいます。
4拍目を1つだけ弾くこのパターンを
「Unanticipated-Single-Ponche」または「USP」と呼びます。
そして、このPonche(ポンチェ)の部分を2つの部分で同時にヒットするトゥンバオをDouble–Ponche(ダブル・ポンチェ)と称します。
Double-Ponche(ダブル・ポンチェ)の トゥンバオはコンガと同じリズムを弾くのでタイムの位置を示すのに有用な効果があります。 

これを使った「Unanticipated-Double-Ponche」または「UDP」と呼ぶバリエーションをこの記事では紹介していきます。

Unanticipated-Double-Ponche(UDP)

ということで、4拍目のPonche(ポンチェ)部分の8分音符を2つ弾くパターンを4つのパターンそれぞれにあてはめます。

Tresillo(UDP)

実際のコード上で演奏するとこのようなトゥンバオになります。 
下記の音源などでこのトゥンバオが聴けます。
Pacho Alonso “Dame Un Chance” 1:16〜
Nino Rivera “Montuno Guajiro”
Cachao “Tres Lindas Cubanas” 3:18〜

Habanera(UDP)

実際のコード上で演奏するとこのようなトゥンバオになります。 
下記の音源などでこのトゥンバオが聴けます。
Jose Fajardo “El Guapetón”

Guaracha(UDP)

実際のコード上で演奏するとこのようなトゥンバオになります。 
下記の音源などでこのトゥンバオが聴けます。
Felix Chappottín “Cuento Nama” 0:44〜
Cheo Marquetti “Sin Caña Y Sin Platanal”
Arcaño y Sus Maravillas “Mulatica Revoltosa” 1:24〜

Bolero(UDP)

実際のコード上で演奏するとこのようなトゥンバオになります。 
下記の音源などでこのトゥンバオが聴けます。
Antonio Arcaño y Sus Maravillas “Pickin’ Chicken” 1:31〜
Orquesta Aragon ”Mario, Nicky y Humberto”2:46〜

というように、Double-Poncheでのバリエーション
「Unanticipated-Double-Ponche(UDP)」
について書いていきました。
残すバリエーションは2つ。
次回の記事では「Unanticipated」ではなく「Anticipated」のバリエーションについて書いていきます。
ABEMA

今年(2020年)行ったカレー屋9選

例年は年末に一年の間によく聴いた音楽アルバムを書いたりしていたのですが今年はこれに尽きます。
カレーです。
スパイスカレーに目覚めて、作るのは勿論ですが色々な店を食べ歩きました。
ということで、今年行ったカレー屋9選をブラジル音楽になぞらえて書き連ねていきたいと思います。
中央線界隈に偏りがあるのはご容赦を。
もっと色々足を運びたいのですがコロナで営業時間の制限が多い店も多くてなかなかタイミング合わなかったりですね~ 

1.吉田カレー(荻窪)

吉田カレー
個人的にはホーム。
僕にとってここのカレーはHermeto Pascoalです。
色々とお店のルールとかで気難しいお店に思われがちですが、実際に行ってみればそれは表面的な一面に過ぎないということがわかると思います。
フルーティで味わい深いカレーは一度食べたらハマります。
トッピングの中華アチャール、豚などもどれも個性的で他にはない味です。
突発的に出る限定メニューとかもあって飽きないですね。 

2.エリックサウス

エリックサウス
日本における南インド料理の草分け的なお店です。
ここが出身の有名カレー料理人も数知れず。
Ellis Reginaみたいな感じですね。
Milton Nascimento、Ivan Lins等など見出だしてきたMPBの登竜門的なwww
インドの定食料理的なミールス、
この店で南インド料理の魅力に気がついたという日本人は多いはずです。 

3.魯珈(大久保)

魯珈
平日の朝から記帳に行かないとならないのでなかなか普通のお仕事の人にはハードルが高いお店ですが行く価値は充分にあります。
魯肉飯にカレーという意外な組み合わせがこんなにもハマるとは…
定番メニューのクオリティの高さ、チャレンジングな限定メニューとどちらも素晴らしく飽きさせません。
日本のスパイスカレーの中では屈指のセンスとクオリティだと思います。
ポジション的にはDani&Debora Guargel Quartetoとかですかねー。
とにかく、先鋭的で素晴らしいカレーです。 

4.Curry Barシューベル(西荻窪)

Curry Barssyシューベル
 この店はオシャレJ–POPですね。
 「はっぴいえんど」的なのを狙ってそうなイメージです。
 良くも悪くも他のスパイスカレー店とは一線を画しています。
 それが良いという人にはハマるだろうし、そうでない人にとっては平凡なカレーだと思います。
 鰹のタタキーマなどに代表されるような和を意識した画期的なメニューがやはり目にとまります。 

5.グレートインディア池袋北口店(池袋)

グレートインディア
通っている回数だけでいえばかなりここは多いです。
 いわばカーニバルでの王道サンバのようなカレーです。
 Samba de Enredoというようなイメージです。
 とにかくこの密を避けようという時代に相応しくない狭いカウンターwww
 (換気、透明シールド、マスク、アルコールとかはちゃんとやってはありますw
 あと、そもそもそんなに混むことはない)
 でも、カレーは美味い。
 ついついナンを頼んでしまいがちなのですが、ターメリックライスのクオリティが高いです。
 ライスでの注文をお勧めします。
 いや、ナンも美味しいんだけどね。 

6.スパイシーカレーハウス半月(西新宿)

半月
 ここのカレーはDjavanって感じですね~。
 まずDjavanって名前の響きが宇宙刑事っぽくてかっこいいですよね。
 「愛ってなんだ?」って反射的に思っちゃいます。
 そんな感じで、ためらわないで食べに行った方がよいのが半月のカレー。
 非常にバランスが良いカレーという印象です。
 スパイスカレー好きにも、欧風カレー好きにも受け入れやすいカレーだと思います。 

7.大岩食堂(西荻窪)

大岩食堂
ここのカレーはIvan Linsです。
主流派南インド料理の基本を押さえつつもオシャレハーモニーな味わい。
まさしくIvan Linsのコードワークのようなカレーですね。
カレー、ビリヤニ、アチャールとどれも抜かりない味わいです。 

8.ポンガラ食堂

ポンガラ食堂
日本のスリランカカレーの草分け的な店ですね。
僕にとってポンガラ食堂のスリランカカレーはMilton Nascsimentoのような存在です。
カレーですが、カレーの枠に収まらない多様な味わい。
混ざり合う複雑な音楽性はまさにスリランカカレー。
あとスリランカカレーは案外と映えるので女子客も少なくないです。 

9.パンダラランカ(信濃町)

 ここのスリランカカレーもハイクオリティです。
 しかし、より洗練されている気がします。
 Milton Nascimentoの作品の中でもHerbie Hancok等と共演しているあたりの作品のイメージに近いですね。 
きてる客層もおしゃれ民が多い気がしますwww

番外編 カレーショップC&C


 まあ、古巣です。
 大昔にここの会社の経理をやってたことがあるので親近感しかありません。
 何だかんだとここのカレーは安心して食べられますね~
 ブラジル音楽🇧🇷に馴染んだ個人的な原点は恐らくthe Boomだと思いますのでそれにしておきましょう。
 なんやそれっていう日本的なトッピングとかも逆にいいですよねー 
ということで、2020年に行ったカレー屋で僕が気に入ったカレー屋たち9選でした。
他の店も勿論どれも良かったんですが、とりあえずこんなところかなー。
来年も色々開拓していきたいところです。
ABEMA

2020/12/24 “Christmas Special Live&Dinner”

2020/12/24
"Christmas Special Live&Dinner"
at 蕎麦とコーヒー ツタンカーメン
深津純子(flute&Vocal)
Yokorin(Vocal)
畠山啓(Piano)
城戸英行&ツリーマン(Bass)
Ludwing Nuñez(drums)
今年はお休みかなーとも思いましたが、登場できました。
ツリーマン!
ツリーマン新調したんですよね。
お披露目できてよかったです。
これの為という訳ではないのですが、ベースもボディのないこれにしたら大正解。
ツリーマンにぴったりでした。
(ツリーマンのままで)ディナーも美味しく頂きました。
クリスマスソングなども演奏して楽しい会となりました〜
ABEMA

ラテンベース 入門その35「クラーベに左右されないTumbao〜4パターン×4バリエーションに分類 その1 USP Unanticipated-Single-Ponche」

 ラテン音楽はクラーベに基づいてできています。
その中で言うとベースラインは主に2つに分類されます。
一つは″Clave Aligned″
クラーベの向き(2-3or3-2)に沿ったフレージングです。

もう一つが″Clave Neutral″
クラーベの向きに左右されないフレージングとなります。
ここではClave Neutralのトゥンバオについて書いていきます。 

Clave Neutralでのトゥンバオ

ラテン音楽の中で圧倒的な多数を占めているベースラインは「Clave Neutral」です。
これらのトゥンバオはどちらの向きのクラーベにもフィットします。
Afro Cuban音楽とサルサにおいて、一般的なClave Neutralでのトゥンバオには4つのパターンがあります。
これらについてはKevin Mooreの著書「Beyond the Salsa」で体系化に記されています。

Beyond Salsa Bass: The Cuban Timba Revolution – Latin Bass for Beginners 洋書

価格¥3,639

順位955,841位

Moore, Kevin

発行Createspace Independent Publishing Platform

発売日2013/03/24

Amazonを開く

Supported by amazon Product Advertising API

彼の本で使用されている命名法は非常に上手いもので、これを言い換えるは難しいです…。
したがって、このBlog記事で使用されている用語は「Beyond the Salsa」から引用しています。
 
 4つのトゥンバオのフォームはアクセントの配置が異なるだけで非常によく似ています。
 しかし、これらの微妙な変化がリズミカルな動きに大きな変化をもたらします。
 これらにそれぞれ4つのバリエーションがあり、4パターン×4バリエーション=合計16のリズムの組み合わせができます。
 

 ということで、4つのClave Neutralでのパターンを紹介します。 

4つのトゥンバオのパターン

ここからClave Neutralのパターンを紹介していきます。
これらに関している名称はラテン音楽で使われる音楽スタイル・ジャンルとして知られている名前です。
しかし、ここでは単純にトゥンバオのリズムパターンの名称として提示していますので誤解なきようにしてくださいませ!

Tresillo(トレシージョ)

Tresillo(トレシージョ)は、最も一般的でよく知られているトゥンバオのバリエーションだと思います。
ほとんどの人が学ぶ最初の「ラテンベースのパターン」です。
このBlogでもこのパターンがラテンベースの大半だというように紹介しました。
Tesillo(トレシージョ)と同型のリズムは、アメリカのポップスやセカンドライン、Rumba-Flamenco、バルカン音楽、アラビア音楽、Afro-Brazilian、カントンブレ、およびアフリカ音楽の影響を受けた多数の音楽スタイルに同型のリズムが見られます。
言ってしまえば、あらゆる音楽で使われている汎用的なリズムの一つかもしれません。 
実際のコード上で演奏するとこのようなトゥンバオになります。
下記の音源などでこのトゥンバオが聴けます。
Celia Cruz&Johnny Pacheco “Quimbara”2:05〜
Tito Puente”Abnitquito”
Marc Anthony “Aguanile” 0:47〜
El Gran Combo “Brujeria” モントゥーノセクションまではこのパターンです。
Elvis Presley “Hound Dog” アメリカ音楽でも同型のリズムがみられます。

Habanera(ハバネラ)

Habanera(ハバネラ)のパターンは、前述のTresillo(トレシージョ)に非常に似たパターンです。
違う点は、2拍目の裏と3拍目のビートの間のタイがなくっている箇所です。
Habanera(ハバネラ)もTresillo(トレシージョ)と同様に、レゲエ、レゲトン、ソカ、バチャータなど他のアフリカ由来のスタイルに同型のリズムがあります。 
実際のコード上で演奏するとこのようなトゥンバオになります。
下記の音源などでこのトゥンバオが聴けます。
Ernesto Lecuona “La Habanera” Rubatoでちょっとわかりにくいかもしれませんが
Ñico Cadenon “Chappottin”
Orquesta Aragon “El Bodeguero” from CubanOriginals
Roy Orbison “Oh,Pretty Woman” 1:21〜 アメリカの音楽でも同型のリズムがみられます。

Guaracha(ワラチャ)

Guaracha(ワラチャ)はソン・モントゥーノによく似たキューバ音楽のスタイルから名付けてられています。
(音楽スタイルとしてのGuarach(ワラチャ)についてはこちらの記事でも紹介しています。)

このベースのリズムは、Son、Mambo、Cha Cha Chaなど多くのスタイルで同様のパターンが使用できます。
2拍目の音符は、コンガのスラップを模倣しています。
これによりベースラインに軽快な躍動感が与えられます。
これが、他のトゥンバオのパターンと異なるフレーバーとなる非常に効果的な要素です。 
実際のコード上で演奏するとこのようなトゥンバオになります。
下記の音源などでこのトゥンバオが聴けます。
Orquesta Aragon “Rico Vacilon”
Fajardo y sus Estrellas “Fajardo esta de Bala”
Charlie Palmieri “El Pachadengue” 1:50〜
Grupo Niche “Cali Pachanguero”
Oscar D’León “La Mulata Coqueta” 2:57〜

Bolero(ボレロ)

 Bolero(ボレロ)も通常の音楽スタイルにちなんで命名されています。
(音楽スタイルとしてのBoleroについてはこちらの記事で紹介しています。)
 
しかし、ベースのパターンと同型のリズムは音楽スタイルとしてのBolero(ボレロ)に限定されて使用されるものではなく、
キューバ音楽の中でも特に古いチャランガのスタイルでは一般的に使われています。
更にこのリズムとそのバリエーションは、Songo(ソンゴ)、Timba(ティンバ)、そしてブラジル音楽のAfoxe(アフォシェ)などモダンな音楽スタイルで積極的に取り入れられています。 
実際のコード上で演奏するとこのようなトゥンバオになります。
下記の音源などでこのトゥンバオが聴けます。
Orquesta Aragon “Cuatro Vidas” 2:30〜
Sexteto Nacional “Bururu Barara”
Machito y his Afro-Cubans “Nague” 2:40〜
Celia Cruz “Saoco”
Perez Prado “Cuban Mambo”
The Beatles “I’m Looking Through You”
ということで、
Tresillo(トレシージョ)
Habanera(ハバネラ)
Guaracha(ワラチャ)
Bolero(ボレロ)
という4パターンのトゥンバオのリズム型をまず紹介しました。
これが基本形となりさらにそれぞれに4つのバリエーションがあり合計で16のパターンができあがります。

この基本形は
 "Unanticipated-Single-Ponche"=USP
と称していきます。
Tresillo(USP)と記載していたらここで紹介している基本形のTresilloのパターンとなるわけです。
ということで、次回以降の記事でこのバリエーションについて紹介していきたいと思います。
ABEMA

2021年1月のライブスケジュール

2021/1/14(木)
「ラテンジャズライブ」

【場所】四谷三丁目Live Unten45 
【時間】
Open 19:00/Start 19:30〜(2Stage/入替えなし) 
※緊急事態宣言に従い時間を変更いたします。
Open 18:00/Start 18:30(1ステージです19:45には終演致します。)
Close 20:00
【料金】Music Charge2,500円→2,000円(演奏時間が短くなるので若干割引きます)+オーダー 
城戸英行(Bass)
斎藤千穂(Violin)
飯島瑠衣(Piano)
櫛田満(Percussion)

ちほりんお久しぶりですねー
ラテンジャズを中心に演奏いたします。

2021/1/15(金)

【場所】東京倶楽部目黒店 
【時間】Open 19:00
 【料金】 予約:3,300円(2ドリンク付) 当日:3,300円(1ドリンク付) 
宇佐美ワタル(Guitar)  
城戸英行(Bass)  
Kazoo大越(Drums) 

ジャズでもソウルでもポップスでもなんでもござれ。 
邦楽も最近の曲もいくつか譜面があるので是非遊びに来てください! 
もちろん持ち込み、ボーカルも大歓迎です!

2021/1/17(日)
新宿五丁目CON TON TONグルメイベント
「コントントン キドカレー vol.2」

【場所】新宿5丁目CON TON TON 
【時間】OPEN:15:00/Close 20:00
【料金】Charge:¥1,000 カレー付き

コントントンの日曜日グルメイベントへ再び参加です。 
今度はまたカレーです。 
キドカレー第二弾は 『おせちも良いけどキドカレーもね!』です。 
新年の干支にちなんでビーフ系のスパイスカレーを作ろうかなーと思ってます。 
カッサーノママがチャパティも焼いてきてくれるはずです! 
奮ってご来店下さい!!
※緊急事態宣言に従い20時にて閉店となりました。

下記は緊急事態宣言の発出により中止となりました。

2021/1/18(月)

【場所】銀座 月光荘サロン月のはなれ 
【時間】 営業時間 12:00〜23:00(ラストオーダー 22:00) 
演奏 19:00〜22:00 3ステージ程 
【料金】Music Charge:投げ銭 

城戸英行(Bass)他

2021/1/19(火)
上尾プラスイレブンより
張り切ってお届けする無観客ライブ生配信企画Vol.1
「Caribbean Music Night」

【配信開始】21:00~
●20:00頃からメンバーによる座談会(10分程度)配信します♪
▼下記から配信
 https://youtu.be/whObFA4fGEU
 ▼お店&ミュージシャンへの後方支援m(__)mお願いします! 
投げ銭サイトはこちらです。 
https://makiconga119.peatix.com/ 

小針彩菜(Steel Pan)
山本光恵(Piano)
城戸英行(Bass)
藤橋万記(Percussion)

無観客での配信ライブ企画です。
約2年ぶりに、スチール・パンを軸としたカルテットが帰ってきました。
寒い冬の夜、カリビアンな音色で温まってください♪

2021/1/25(月)
「Latin Jazz Live」

【場所】赤坂G‘s Bar 
【時間】Open 19:00/Start 20:00(2Stage)
→緊急事態宣言に従い時間を変更いたします。
Open 17:00/演奏時間 17:45〜19:45(→来客状況によって柔軟に演奏時間は対応いたします。)
20:00 閉店
【料金】Music Charge 投げ銭+Drinkオーダー 
城戸英行(Bass) 
青木知生(Sax) 
渚まいこ(Piano) 
藤橋万記(Percussion) 

ぜひお越し頂ければと思います!

ABEMA

2020/12/18 東京倶楽部目黒店 “Jam Session”

東京倶楽部でのJam Sessionでした。
参加しているお客さんが越谷の時とほとんど同じという不思議…
今回もJazz StandardからFunk、TOP50、J-Popと幅広くやりました。
来年も毎月第三金曜日に開催予定ですので是非お越し下さいー
ABEMA

2020/12/6 “2020年彩葉演奏会”

毎年、11月から12月の頭にかけてはいわゆる発表会の伴奏…
というのがてんこ盛りで、毎週末忙しくしているのが常だったのですが今年はこちらが唯一でした。
早くこういうことが普通にできる世の中になって欲しいですね〜。

今回は「初心者から始める津軽三味線Salon 彩葉」の演奏会ということで、
こちらの生徒さんを中心とした津軽三味線の伴奏。
バンドは
本多ゆき恵さん(keyboard)
城戸英行(Bass)
浅見由加(Drums)
と去年に引き続き同じメンバーで。

もちろん津軽三味線のクラシカルな曲もやっているのですが、選曲が実に自由…。
最新のJ-POP(「夜を駆ける」とかw)から、アニソン、ゲーム音楽、ディズニーソング、あとは吉田兄弟の曲と様々。
昨年やった時は「え?三味線でそんなのやるの…?」
などとも思いましたが、もう慣れましたwww
まあ、お蔭でバンマスのゆき恵さんは、譜面作りに、音作りにと超大変だったかと思いますけどwww

とても和気藹々としつつも、ピリッとしっかり演奏はやっていてとても雰囲気のよい教室なんですよね〜
生徒さんの年代、性別も実に幅広くてとても楽しそうでした。
お陰様で我々も楽しくやらせてもらいました〜!
超個人的にハプニングだったのが…www
こちらの教室の内屋敷先生はフルート奏者でもあるのですが、フルートの生徒さんも数名今回の演奏会に出演されていまして。
その中の一人が、長いこと一緒に某フルート奏者さん教室の発表会やら何やらでお世話になっていた生徒さんでした。
産休でその先生から、内屋敷先生へと引き継がれていたようでしてw

いやー、最初にプログラムでお名前見たとき
「え?三味線始めたの?フルートは…?」
と、ちょっと動揺しちゃいましたwww
本当に世間はどこで繋がるかわからないですねー
ABEMA

2020/12/2″Jazz Samba Live”

2020/12/2
"Jazz Samba Live"@赤坂G's Bar
城戸英行(Bass)
立川沙紀(Flute)
山本光恵(Piano)
原口ぺー☆(Drums&Percussion)
今年3回目の立川沙紀ちゃんとのライブでした。
厳しい状況にも関わらずお越しいただいた皆様ありがとうございました。
ブラジルの曲や、クリスマスソングもやったりして楽しく演奏させていただきました。
Frevoにアレンジした「Frosty the Snowman」がなかなかご機嫌だったのでまたやりたいなw

フルートの立川沙紀ちゃん。
毎回良くなってきているのがわかるような演奏でなんだかほっこりしてしまいますwww
来年も一緒に頑張りましょうwww
ペー☆さんもしばらくご無沙汰していたのですが、このライブのお蔭で今年は定期的にご一緒できてよかったです。

今回はピアノに山本光恵ちゃんに参加してもらいました。
いやー、相変わらず一緒にやると楽しいですね。
このライブのやりにくい状況の中ですが、今年はぼちぼちと一緒に演奏する機会が復活できて嬉しい限りです。
来年もご一緒する機会が決まっていますので引き続き楽しみです。


ということで、立川沙紀ちゃんとのライブは来年も決まっています。
次回、2021/2/24(水)となります。
ぜひご予定いただければと思います〜!
ABEMA