ベースレッスンNo.19【オーグメンティッド・トライアド(Augmented Triad)を12KEYで弾いてみる】

前回の記事で紹介したオーグメンテッド・トライアド(Augmented Triad)を12のkeyそれぞれでの譜例を紹介していきたいと思います。

・その1 小指からスタートするフィンガリング 
・その2 人指からスタートするフィンガリング 
の2パターンが大きくあります。

指の形とルートとのポジションの関連性を意識して練習してみて下さい。

譜面上でのコードネームの表記は C Augmented Triadの場合 
Caug
C+
C#5
などとなります。

C Augmented Triad(C aug)

Caugその1
C aug その1
Caug2
C aug その2

F Augmented Triad(F aug)

F aug

Bb Augmented Triad(Bb aug)

Bb aug その1
Bb augその2

Eb Augmented Triad(Eb aug)

Eb aug その1
Eb aug その2

Ab Augmented Triad(Ab aug)

Ab aug その1
Ab aug その2

Db Augmented Triad(Db aug)

Db aug その1
Db aug その2

Gb Augmented Triad(Gb aug)

Gb augその1
Gb aug その2

B Augmented Triad(B aug)

Baug その1
Baug その2

E Augmented Triad(E aug)

Eaug その1
Eaug その2
Eaug その3

A Augmented Triad(A aug)

A aug その1
A aug その2

D Augmented Triad(D aug)

D aug その1
D aug その2

G Augmented Triad(G aug)

Gaug その1
G aug その2
という感じで、オーグメント・トライアドの1オクターブでのアルペジオのフィンガリングを12keyでずらーっと紹介してきました。 

「ベースレッスンNo.19【オーグメンティッド・トライアド(Augmented Triad)を12KEYで弾いてみる】」への1件のフィードバック

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください