ブラジル音楽のベース入門 その6-2「Adriano Giffoniの動画 Ritmos Brasileiros:Samba」

Adriano Giffoniが解説しているブラジル音楽の各リズムについての動画の採譜してみました。
まずはこちらの動画「Ritomos Brasileiros:Samba」
ということで、サンバのベースラインです。

いずれも5弦ベースのB弦を中心に組み立てられたラインなのでTab譜も5弦のものにしてあります。
0:20〜
4分音符を中心とした基本的なサンバのベースラインです。
0:39〜
最初のものにゴーストノートを入れたリズミックなベースラインです。
実音を弾いている弦より2つ高い弦をいずれも使ってゴーストノートを弾いています。
というのも、各拍の頭で弾いた実音を伸ばした状態で、ゴーストノートを弾いているからです。
同一弦だと勿論音が途切れますし、1つ高い弦だとアポヤンド(弾いた弦の隣の弦に当てて止める弾き方)で弾いている場合ミュートして実音が切れてしまいます。

ということで、記譜上は煩雑になるので上記のような表記にしておりますが実際は下記のように弾いています。
音価を伸ばさないで最初の譜例の通りに弾くのも全然よくあるパターンですが、このようにしてみるとベースラインがなりつつパーカッシブなゴーストノートも聞こえるのでリズムが厚くなりますね。
1:02〜
0:39〜のパターンにバリエーションを加えたものです。
これも先程と同様ゴーストノートを弾いたところで実音を伸ばしながら弾いているようです。
1:45〜
更に細かくゴーストノートを入れたパターンです。
判別できなかったのですが、こちらは同一弦でゴーストノートを入れている気が…?
これも他と同様に音価を伸ばして弾いても面白いと思います。

久しぶりの更新でした、ブラジル音楽のベース編ですがこんな感じでしばらくはお茶を濁した更新にしていこうかと思いますwww

「ブラジル音楽のベース入門 その6-2「Adriano Giffoniの動画 Ritmos Brasileiros:Samba」」への2件のフィードバック

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください